病院の外観

病院の選び方

頓服薬

準備に必要な手術

人工透析を受けながら血液を綺麗に維持することが可能になるのですが、人工透析を受けるために、事前にシャントと呼ばれている血液の送り出す部分と戻る部分を作るための手術を受けなければいけません。
人工透析は、たくさんの血液を人口の腎臓に送ることが必要不可欠ですので、静脈の血液を増やさなければならず、シャント手術を行わなければいけません。シャント手術は、動脈と静脈を結びつける結合手術のことです。
シャント手術によって血液の量が増えた静脈に針をさすことで、透析を行なうことが出来るようになります。

行なう期間

透析治療は、シャント手術後、定期的に行わなければいけない治療です。1週間に3度、病院で透析治療を受けなければならず、定期的に通院しなければいけません。
透析治療は、一回あたり4時間から5時間ほどの時間を必要とする治療です。人工透析を利用する時に欠かせないのが周りの人の理解を得ることです。
週に3度ほど通院しなければいけませんので、残業などをすることができず、会社に理解してもらうことが難しいと感じている人がたくさんいます。
透析治療を受ける時の大変さを事前に把握することができていれば、自分の生活習慣に気をつけることの重要性を把握することが出来る人は多いでしょう。
人工透析をしなければいけなくなってしまう前に、自分の生活習慣を改善することが重要です。自分の好き勝手な生活をしてしまうと、透析治療が必須となり、生活に影響を与えてしまう危険性があるので注意しましょう。