病院の外観

オンラインHDF

ベッド

透析を受ける患者

定期的に通院しながら人工透析を受けている患者が多いのですが、人工透析の効果をしっかりと把握することができている人は少ないでしょう。
人工透析は、基本的に腎臓の働きが低下し、血液のろ過を行なうことができなくなってしまった人に対して人工的にろ過する治療のことです。
血液のろ過は水分や老廃物のコントロールを行なうために必要なのですが、腎臓の動きが低下してしまうと、自分でろ過をすることができなくなってしまい、そのままにしてしまうと死に至る危険性があります。
腎臓の働きが低下してしまった人に対して行われているのが人工透析です。人工腎臓や腹膜部分を活用しながらろ過のサポートを行なうことで、血液を健全な状態に維持することができます。

患者の特徴

腎不全など、腎臓の機能が著しく低下してしまった人が受ける人工透析ですが、糖尿病などの病気が原因で発症することが多くなっています。
食生活が欧米化したことによって、近年はカロリーの高い食事を好む人が増えており、糖尿病になる人が増えています。
元々は野菜などをバランスよく摂取していた日本人は、欧米人に比べて糖尿病のリスクが高く、食生活に気をつけなければ糖尿病になり、年齢を重ねるごとに代謝が低下し、腎不全などの危険な病気になってしまう危険性があります。
腎臓の働きが低下してしまい、透析をしなければいけなくなってしまいますと、一生透析をしながら生活をしなければ行けませんので注意が必要です。